お宅訪問 Vol.17

Vol.17

「のびやかな吹き抜けが、家族の幸せな日常を綴る家」

ホームラボさんとの運命の出会いで、心の中にあった家づくりの不安が一気に吹き飛んで、
楽しい家づくりが始まる予感がしましたね。

福岡県みやま市N様邸(2013 年2 月完成)

スペースを無駄なく活かすBOX型の家に憧れて

長女が小学校に上がるタイミングで家を建てようと考えていました。
私の実家がある校区で土地を探していましたが、なかなか見つらなくて。だけど、偶然、今の土地に出会ったんですよ。家を建てるならBOX型の総2階の家と考えていました。

勤務先の近くにそういう家があって、スペースに無駄がなくていいなってずっと思ってたんです。
なので、土地を購入した後、BOX型の家も建てているホームラボさんの久留米展示場を二人で見に行きました。でも、展示場に着いたのは夕方5時過ぎで、ちょうどスタッフさんが門を閉めようとしていました。閉館時間が過ぎていたので諦めかけたんですが、スタッフさんはイヤな顔ひとつ見せず、快く案内してくださって。その人柄にまず安心感を覚えました。

家を建てるのは初めてですし、漠然とした不安があったんですが、ホームラボさんとの出会いがそんな風だったので、私たちの心の中にあった家づくりの不安が一気に吹き飛んで、楽しい家づくりが始まる予感がしましたね。

自分のペースで検討できる、押しが強くない営業スタイル

ホームラボさんの第一印象は、予想外の言葉がどんどん出てくるってことですかね。
木を使った家の心地よさとかは最初から想像していた通りでしたが、おもしろいなと感じたのはスタッフさんの距離の取り方でした。

初めて話をうかがった日も、『どうぞうちだけじゃなく、別の会社のモデルハウスなどもご覧になった上でご検討くださいね』って(笑)
まったく押しが強くないところが、逆に安心できたポイントだったと思います。

そのうちに完成見学会にも参加するようになって、やっぱりいい会社だと実感しました。
それで、ぜひわが家を建ててほしいとプランニングをお願いしたんです。

"オーソドックスではない" プラン

絶対欲しかったのが、気持ちのいい吹き抜け。娘たちのたっての希望でもありました。

あとは南に向かってソファを置きたかった。最初のリクエストはそのくらいかな。ごくごくオーソドックスな家でよかったんです。

でも、間取りや動線をホームラボさんと検討するうちに、1階はほとんど間仕切りのない" オーソドックスではない" プランがいいかもしれないと感じるようになったんです(笑)

玄関とLDKの間にもドアがなくて、目隠しになる列柱があるだけなんです。
最後の最後までかなり迷いましたが、BOX型の家の良さである開放感もあって、結局オーソドックスではないプランに決めたんですよ。結果、大正解でした。

間仕切りがないので1階全体がすみずみまで見渡せて、すごく広々としてるんです。
あと、東西南北に窓を作ったんですが、窓を開けると気持ちのいい風がすぅ~っと通り抜けるし、吹き抜けからは自然の光も入ってくるし、開放感があふれてて本当に気持ちいいんですよ。

デザインも機能も気持ちのいい家

今年の3月に入居して、蒸し暑い季節も過ごしましたが、まったくムシムシしませんね。

アパートに住んでいた頃は洪水のようだった結露も、まったく出ないんですよ。娘たちも、無垢材の床が気持ちいいんでしょうね、前より元気になったような気がします。

ホームラボのスタッフさんが説明してくださったとおり、気持ちのいい家になりました。毎週のように打ち合わせをしたんですが、こちらの意見を否定されることがないので、毎回とても楽しくて。次回の打ち合わせが待ち遠しくなるほどでした。

もう最後の方はお互い打ち解けて、いろんなことを相談できる長年のパートナーのようになってました(笑)契約した後に出てしまったプラン変更にも柔軟に対応してくれて、本当に良くしていただきました。家のことについてなんでも話し合えるパートナーがいるというのが、
とても心強かったですね。