共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi
HOME i 新築一戸建て

【福岡県八女郡広川町】共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi

今回インタビューに伺ったのは、八女郡広川町にお住まいのK様。自由設計のHOMEiで建築いただいた平屋のお家にご夫婦とお子様でお住まいです。お家作りのきっかけやこだわりのポイントなどお伺いしました!

ホームラボでの家づくり

お子様が小学校に上がる時期とそろそろ自分たちの年齢なども考えて家づくりを考え出したというK様。お子様が学校に通うようになるとお友達も遊びに来てくれるかなぁということも大きかったそうです。

その後、性能やデザインなどもいいんじゃないかとご主人が見つけてくださったのが「ホームラボ」そこから、完成見学会などにもご参加いただきホームラボに決めていただ来ました。

「気密やデザイン、あとは金銭面も営業の方に親身になって相談に乗っていただき、その辺りが決め手となりました。」とご主人。「話をしていく中で、この人たちになら任せていいかな。」と思えたことが大きかったと奥様。

奥様にインタビューしていて、何度も出てきたのが「先生」という言葉!最初は、分からなくて「先生???」と思っていたら、なんと弊社の設計 古栁のことでした!そのちょっとした言葉からも、弊社のスタッフを信用していただけていただんだなぁと勝手にひとり嬉しくなってしまいました。

インタビュー中のK様ご夫婦。笑いありの楽しい、インタビュー🎙

 

家づくりでこだわったことは?

家づくりでこだわったことは?と伺うと・・・

◯将来を見越した家 今は子育てしやすい、将来二人になってもいいように平屋

◯デザイン

◯家事動線

◯掃除がしやすいようにそんなに広くない平屋

◯家時間が楽しくなるような間取り リビングの広さ

次は実際に、実際の間取りも含めてご紹介していきます!

家族がいつでも集まれる広いリビング。あえてソファはおかずyogiboでごろごろ。

家事楽動線 ズボラ動線?

 

[こだわりポイント1]横並びのキッチンとダイニン

これは奥様が「ズボラ動線」と名付けられていたのですが、私からするととても「機能的!」と確かにお料理を出すときも「ぐるっ」と回らずに出せるし、後片付けもちょっと手を伸ばせばキッチンにお皿を置くこともできます!ちょっとしたことかもしれないですが、毎日、朝・昼・晩のこととなるとバカにはできない時間です!

手前がダイニング。ダイニングテーブルでいちばんキッチンに近い場所が奥様の定位置。

 

さっと手を伸ばすとシンクにお皿が置けそう!キッチンは機能的なだけではなくデザインにもこだわっています。家具のようなキッチン「グラフテクト」のものを採用。

 

こだわりは、キッチンとダイニングの横並びにとどまりません!なんとキッチンの奥にはパントリーがあるんです。入り口もお家の形になっていてとても可愛いです。とにかく、横並びにすることで直線での動きになり無駄な動きも省けます。

キッチンの奥にはパントリー。

冷蔵庫もパントリー内部に収納。リビングからは見えません!

 

夫婦共働きのK様。夫婦2人で並んでも広々キッチン

 

[こだわりポイント2]洗う・干す・収納するを一箇所で

洗濯物を洗う・干す・収納するをまとめてできるように考えられたのが洗濯室と収納。文章ではなかなかお伝えしにくいので画像でご紹介していきますね!

まず、脱衣・洗濯室。奥に見えるのは浴室です。ここの部屋には、洗濯機・室内干し用のアイアン・アイロンもかけることができる収納棚、そしてスロップシンク。靴を洗ったり、汚れがひどい靴下などをさっと洗うことができます。洗濯についてはこの部屋で全て作業ができちゃうんです!ちなみに、このお部屋には顔を洗ったりする洗面台はありません!

 夜洗濯してもそのまま干せるので便利!

スロップシンクでパパッと靴下などを手洗い。

 

さぁ、次は乾いた洗濯物の収納場所であるクローゼットをご紹介!

一箇所目は、先ほどの脱衣・洗濯室をでてすぐにある収納。こちらには、今のシーズンに着用するものを収納しているそう!ハンガーにかけて干したものを、乾いたらそのままここに持ってこれる!歩いても数歩。本当に便利です。

 パイプを上と中間につけることで大人用は上に、子供用は下にかけることも可能。

キッチン側から見たクローゼット。

もう一箇所が玄関入ってすぐにあるシューズクローク からの続きにあるファミリークローゼット。こちらは、季節外の物やスーツケースのような大きなものを収納。このファミリークローゼットも先ほどの脱衣・洗濯室からすぐにあります。

ファミリークローゼット。姿見もありお出かけ前のチェックもできます。

 

[こだわりポイント3]収納カゴにも住所を作ってあげる

収納カゴに住所!?とは何かというと、ただ収納という大きな箱を作るだけではなく、その中に何を片付けるのか?片付けるときには、そのまま置くのか?カゴやBOXに入れるのか?BOXを入れるのであればそのBOXを入れて無駄なスペースができないようにする。つまり、モノの場所を決めてあげること。お部屋が散らかる原因の一つは使ったものを出しっ放しにしてしまうこと・・・これは私も耳がいたい話です。

今回K様は収納に使うBOXのサイズも測って、先生と打ち合わせしながら高さや幅を決めていったそうです。

洗面横の収納。同じBOXを使うことでスッキリと。サイズも測っているのでぴったり!!

 

こちらはリビングにある収納。ここは最初からWifiのルーターを置くように想定。

 

ルンバの住所は、洗面化粧台の下!合わせてコンセントも設置しています。

 

[こだわりポイント4]家族が集まるリビングは広く、各個室は必要最低限に

お家時間も楽しめるように、家族が集まることができるようにリビングは広く。基本的には、リビングで過ごすことを考えて寝室や子供部屋は必要な広さになっているのもポイント!お掃除も楽にできます。

広々リビング

 

玄関入ってすぐに設けた主寝室。ここは寝る場所だからベッドが置ける広さに。

 

子供部屋もコンパクトに。

暮らしてみていかがですか?

以前よりイライラすることが少なくなったと奥様。夫婦共働きだと、どうしても帰りが遅くなりあれもしなきゃ、これもしなきゃ・・・となっていたのが減ったとのこと。「掃除機掛けは、ロボットさん(ルンバ)がしてくれますし、食器洗っといては、食洗機がしてくれますし笑」と奥様。

家族で過ごす時間が増えたとご主人。以前よりお出かけするより家で過ごすことが増えたそうです。

 

家づくりを通して、すごく楽しく有意義な時間だったとおっしゃっていただきとても嬉しかったです。

これからも、また遊びにお伺いさせていただきます!これからのお家での暮らしも楽しんでくださいね!

 

[オーナー様インタビュー動画はこちら]

https://www.homelabo.com/customer_interview/8791

 

〜注文住宅 HOMEi〜

共働き夫婦が子供との時間を大事にするために考えた平屋

ライフスタイルが変わっても自分達らしく暮らせる

そんな平屋が完成しました

「HOMEi」の商品紹介はコチラ

その他の施工事例画像

共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi01
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi02
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi03
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi04
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi05
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi06
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi07
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi08
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi09
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi10
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi11
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi12
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi13
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi14
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi15
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi16
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi17
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi18
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi19
共働き夫婦が、子供との時間を第一に考えた平屋の家。自由設計 HOMEi20

まとめ

今回ご紹介させていただいたのは、ホームラボの自由設計 HOMEiの平屋のお家とそこに住むK様ご家族。
お家に入った瞬間に感じる優しい雰囲気と笑い声。取材に伺った私まで、自然と笑ってしまいました。取材中もずっとニコニコと穏やかな雰囲気でした。あと、撮影でもK様に置いているものの位置を変えていただいたり、ちょっと家具を動かしていただいたりと本当に協力していただきました!ありがとうございました。

間取りも全てがよく考えられていて、キッチンとダイニングテーブルを一直線に配置してあるのについては奥様は「ズボラ動線」と笑いながらおっしゃっていましたが、私からすると自分たちがどういう暮らしがしたいのか、どうしたら忙しい中でも快適に家事がこなせるかを考えられた素晴らしいものだと思います。

そんな工夫がたくさんのK様邸を少しでもお伝えできたならと思います。

ホームラボでは、楽しいお家づくりはもちろんですが、その後の暮らしもサポートしていければと思っております。K様これからも末長いお付き合いよろしくお願い致します。

施工事例一覧はこちら

※2021年2月より、HARMONY(H1)はHOMEi、SIMPLEBOX(B3)Simple Box ZERO(B2)はBOX、PRODUCTBOX(B4)はNESTへ商品改定を行っております。