お宅訪問 Vol.14

Vol.14

「結婚と暮らし」

ホームラボは、建てるときが楽しいから、 建てた後も楽しく過ごしていける、と思います。

2010 年10 月ご結婚 / 2011 年10 月ご入居

付き合って半年でプロポーズ ~出会いからプロポーズまで~

ご主人 もう1年半になりますけど、住み心地は、快適ですね。一人暮らしのアパートからいきなり新築なんで、他と較べようがないんですけど(笑)。

奥様 快適ですね。

ご主人 「結婚」を考える前、嫁さんと出会う前は、「家を建てる」という意識はなかったんです。 でも、同じ会社の人たちが「家を建てた」って話を聞くようになって、「 同じ会社で働いてるんだから、自分も建てれるのかなあ」と思うようになって。「 建てる気0%」だったのが、「建てられるんじゃない?」っていう気になってですね(笑)。そんな風に思い始めていたときに、嫁さんと出会いまして。

奥様 私は実家に住んでたんですけど、「人が呼べる家に住みたい」と思ってましたね。

ご主人 嫁さんは、自分の同僚の奥さんのお姉さんと友達だったんです。

奥様 その友達の実家が農家をしてて、主人も私も手伝いに行ってたんですよ。

ご主人 そこのおじちゃんとおばちゃんが、紹介してくれて。

奥様 「彼氏おらんちゃろ? いい人おるけん!」って、バーベキューを開いてくれたんですよ。

ご主人 嫁さんはぐでんぐでんに酔っぱらって、記憶なくなって(笑)。

奥様 そう、そう、そう。

ご主人 酔う前の第一印象とか、覚えとる?

奥様 「まじめそう」って(笑)。

ご主人 そんなこと聞いたことないけど(笑)。おれは、「楽しく酔っぱらう人だな」と思いましたね。「一緒にいたら楽しそう」じゃなくて、「本人が楽しそうだな」って(笑)。

奥様 その日は酔いつぶれて、そのまま農家の家に泊めてもらって。次の日、「メールうっとかんね」って、おばちゃんにたきつけられて(笑)。

ご主人 それで、二人でご飯食べに行ったんです。 おれがくだらん話ばっかりするんですけど、お笑いの話で盛り上がって、話すのが楽しくて。

奥様 お互い好きだったんですよね、お笑いが。

ご主人 それで、付き合うことになって。 半年後ぐらいかな?彼女の誕生日にプロポーズしまして。 由布院に旅行に行ってまして、日付が変わった夜に、ほろ酔い気分で、緊張しながら、 用意してた言葉を言ったんですけどね。

奥様 全く予感してなかったですね(笑)。でも、即答でOK して。

ご主人 めでたく(笑)。

この人が望むんだったら、かなえてあげたい ~新婚で新築に決めたわけ~

ご主人 一人暮らしだったんで、結婚後はそこで暮らしてもいいかなと思ってたんですけど、
いろいろ話すうちに、子どももほしいし、30 過ぎという当時の自分の年齢的なこともあって、 同じ歳ぐらいで家を建てた人もいるし、「建てるんだったら早い方がいい」と思ったんですよね。

奥様 わたしも「家建てたいなあ、住みたいなあ」という、夢、願望があって、 それに主人がのっかってきて、話がとんとんと進んだ感じですね。
実家が古いから、あんまり友達とか呼んだことがなくて、「子どもが友達を呼べる家にしたい」「 人がいっぱい来てくれる家に住みたい」という思いがあって。

ご主人 人を呼ぶんなら「絶対、戸建の方がいい」となりまして、「 じゃあ建てちゃおうよ!」って(笑)。「新築いっちゃおう!」と(笑)。 おれも嫁さんも一人っ子で、お互い実家に住む選択肢もあったんですけど、 一生働く覚悟もできてましたし、「自分でも建てれる」っていう自信も持ててたんです。 で、嫁さんと出逢い、「人を呼べる家に住みたい」って言うんなら、「建てちゃるたい!」って。
ま、好きなんですよね。おれ、この人のこと(笑)。

奥様 ほっほっほっほっ(笑)。そうきた。

ご主人 この人が望むんだったら、かなえてあげたいと(笑)。 今の会社は10 年ぐらいになるんですけど、「仕事楽しいな」って思えるというか、「一生の仕事」と覚悟したときに「仕事を楽しまんといかんな」って思ったんですね。 ぐちばっかり言う人もいるけど、「自分から楽しんだ方がいいんじゃない?」って。 そう考えたら、何でもできそうな気がしてですね。

ホームラボは「人を幸せにしてくれる雰囲気」だった ~ホームラボに決めたわけ~

ご主人 たまたま上司がホームラボのことを知ってて、 会社の近くだったこともあって、とりあえず行ってみたんです。

奥様 徒歩3分なのに、バイクに二人乗りして行きました(笑)。

ご主人 ホームラボは雰囲気が良くて、営業さんとも気が合いそうで、いいなと思いました。別のとこにも行ってたんですが、担当者と合わなくて、代えてもらう相談をしてたんです。
で、そっちの会社はプッシュしてくるんですけど、ホームラボは、ゆっくりなんですよ(笑)。でも、僕はホームラボに決める方向に向いてたんです。見積りはホームラボの方が高かったんですけど、ローンのことを考えたら、 納得して払いたかった。気に入ったものに対してお金を使いたかったんです。 もちろん、家の性能もいいし、それに「精神的なもの」を加味して考えた場合、 ホームラボの家の方が「コス
トパフォーマンスが高い」と思いました。

奥様 ホームラボ、気に入っとったよね。

ご主人 担当者の人柄、プラン、性能、それに社長が書いた「本」が良かったですね。
最初、社長の書いていることは理想論だと思ってたんです。
でも、実際ホームラボに何度か行っているうちに感じたのが、「 人を幸せにしてくれそうな雰囲気」だったんですよね。
営業さんの態度とか、お茶を出してくれる方の表情とか、 いい意味でスタッフの方が「接客してる」感じがない。
社長が書いていた内容と、そんな雰囲気がリンクしてたんです。
みんなが一人一人のお客さんを幸せにするために、がんばってるような気がしたんです。

奥様 主人が「ホームラボで建てたい」というのが、ビシビシきてました。
ホームラボがお洒落やし、いいけど、他のところと較べた場合の金額が、 わたしは気になってまして。

ご主人 だから、最終的にはおれが決めたんです。

奥様 まあ、彼がそげん言いいよるんやったら、いいかなと(笑)。
「こんなに家に住めたらいいけどさ~」っていうのは、もちろんあったので。 主人は、「こう」って言ったらこうせないかん人なんですよね。

娘さんの出産日に契約
~結婚と出産と家づくり~

ご主人 ホームラボに決めたのは、入籍の前後でしたね。 家づくりの打合せと結婚式の打合せが同じ時期だったので、大変でしたね。

奥様 結婚式の打合せも、毎回宿題があって。

ご主人 でも、ホームラボも結婚式場の人もよくしてくれる人だったので、 打合せも楽しかったですね。

奥様 「結婚式、お前が全部決めていいぜ」ってダンナが嫁に言うタイプのところは、 奥さんが「キーッ」ってなったりとかするみたいやけど(笑)、うちはけっこう協力的というか、主人がいろいろしてくれたから楽でした。

ご主人 それはなんでか分かります? 嫁がしっかりしてないから(笑)。

奥様 そうそう。
私がしっかりしてないけん、家のこととかもすべて彼に(笑)。

ご主人 意外と、どっちも自分が主導でしたね。

奥様 そうですね。

ご主人 嫁さんは、要所要所で要望を出すんですよ。 でも自分で動かないから、こっちでいろいろ調べて提案して、また意見を聞く、みたいな。 家は、おれの要望がけっこう多いけど、大事なところというか、 お金がかかるところは嫁さんですね(笑)。

奥様 ちょうどその頃、お腹に子どもがいまして。 結婚式の打合せ、ホームラボの打合せ、病院、あと二人の趣味のライブに行ったりとか。 お腹大きいのに(笑)、大変忙しい時期でした。

ご主人 長女が生まれた日の4 日後が、新居の引き渡し日でしたね。 で、生まれた日は大事なローンの契約日で(笑)。 昼ぐらいに生まれて、夕方に契約しましたね。

奥様 入居の時はまだ病院で、産んだ後も1 ヶ月位は実家にいたんで、 引越しの手伝いも何もできず。

ご主人 1 か月ぐらい、新居に一人でした(笑)。 会社終わって、嫁の実家に寄って、新居に戻って寝て、起きて会社行って(笑)。

最初から持家だったら、もったいなくない
~マイホームの住み心地~

ご主人 間取りも含めて、この家ぜんぶ気に入ってるんですよね。

奥様 私はダイニングのタイルですね。ベネチアンタイルで、かわいいっちゃんね。あと、キッチンの後ろから玄関、リビングって、子どもがぐるぐる回れるのがいいですね。

ご主人 プランをたてたときは、まだお腹にいなかったんですけど、「 キッチンからの動線がつなっがてたらいいね」って考えたんですけど、実際生まれたら、子どもとぐるぐる追っかけっことかできて、「やっぱ、いいね」って。

奥様 子どもがとにかくキャッキャ言って、ぐるぐる走り回ってるんですよ。
よその子が遊びに来たときも、キャッキャ言って追いかけっことかしたり。 追いかけっこしながら、隠れたりもできて(笑)。そういうのが「いいなあ」って。

ご主人 だから、結婚後の新居を考えたときに、「 家を建てる」という選択肢が出てくるんであれば、思い切って「建てましょう」って言いたいですね(笑)。 家を建てた方が幸せだし、楽しいです。家づくりそのものも楽しいし、住んだ後も楽しいです。例えば、壁のタイルひとつを見ただけで、「 ショールームに何回も行ったよね」って思い出すし、2 階から吹き抜け越しに子どもを呼んだりすると、 間取りを考えていたときを思い出しますしね。ウッドデッキは半年かけて自分で作ったんですけど、 これからも庭づくりとか、まだまだ家を作っていく楽しみがありますよね。

奥様 ずっとここに住むから、あせらんでもいいしね。

ご主人 やっぱり、結婚してマンションを借りて住むとか、 どっちかの実家に住んでた場合とは、ぜんぜん違うと思います。

奥様 違う。

ご主人 子どもの夜泣きにも、余計な気をつかわなくてもいいし。賃貸のアパートで壁がつながっとったら、ストレスになってたかもしれないですけどね。

奥様 ぜんぜん違うよね。

ご主人 ずっとここに住むから、地域のコミュニティにも溶け込まないといけないですけど、賃貸だったら、そのコミュニティに入るのが「めんどくさいなあ」ってあるんですけど、「 ここにずっと住んでいく」となったら、やっぱりご近所と仲良くしとこうってなりますし、いざ地域コミュニティに入ってしまったら、それも楽しいです。この辺は近所づきあいも昔ながらな感じがあって、逆に良かったなと思いますけどね。

奥様 最初に別のとこに住んでたら、そこでも人間関係を作らないといけないし、その後に家を建てて引っ越したら、またいちから近所づきあいしないといけないですよね。

ご主人 「賃貸に住む期間」っていうのが、「もったいないな」って思ったんですよね。金銭的にもそうだし、コミュニティ、人間関係もそうだし。 最初から持家だったら、「もったいなくないな」って、思ったんですよ(笑)。

家づくりを楽しめると、住んだ後も楽しくなる ~家族のしあわせと住まい~

ご主人 家は衣食住の基本なんで、家を建てるということは、 生きていく上でのベースができるということでもあるんで、そこが安定してるとうまくいく気はしますね。 ホームラボの場合、この家は結露を1回もしたことないし、家の性能もめちゃくちゃいいと思うんですよね。家の性能の良さがあるから、心配せずに安心して家づくりを楽しめる。建てるときが楽しいから、建てた後も楽しく過ごしていける、と思 いますね。

奥様 いや、しあわせですよ。
「わたし、こんなしあわせな人生送れていいのかな~って」思ったりするね。わたくし、あまり言いませんけど、思ってますけどね(笑)。

ご主人 (笑)。そのしあわせの中で「家」が占める割合は何%?

奥様 いやいや、何%って(笑)。自分が子どもの頃、友だちとか呼べない状態で育ってきたので、娘を見て「この子はきっと友だちいっぱい連れてくるんだろうな」と思うと、「 この子もしあわせよねー」って思うし。わたしの友だちもどんどん呼べるので、「 子どもの頃呼べなかったぶん、今呼ぶ」じゃないけど、「 人が来る家っていいなー」って、思いますね。

ご主人 「自慢の家」ですね(笑)。

奥様 自慢ですよ。

ご主人 夢がかなってよかったですね(笑)。

奥様 おかげさまで(笑)。