お宅訪問 Vol.1

Vol.1

「肩ひじ張らない心地良さの家」

「家族の幸せ」って、「あんまりがんばり過ぎない」ということかもしれないですね。
肩肘はらず素の状態でいられることが、家族の幸せ・・・

福岡市T様邸(2011年4月完成)

「ここで建てれたらいいなあ」という第一印象

ご主人 家づくりのきっかけは、前の住まいの湿気がすごくて、しかも夏は暑くて冬は寒かったんですよ。
それで「引越そうか」って話しになって、それならば「できたら一軒家がいいな」っていうところからスタートしたんです。
こどもが小学校に入る前には引越したいと思っていまして、上の子が4 月から小学生になったので、ぎりぎりのタイミングでしたね。
「ホームラボ」は、住宅雑誌を見ていて知りました。
雑誌で気に入ったところを10 社ぐらい見てまわったんですけど、ホームラボもその選択肢のひとつだったんです。
なんとなくなんですけど、ホームラボさんの展示場に行ったときに「ああ、ここで建てられたらいいなあ」っていうのはありましたね。
雑誌の他にホームページも参考にしましたが、「こだわってるな」っていう感じのホームページでした。
展示場やモデルハウスに最初に行ったときに「あ、ここ違うな」とか、第一印象って大事ですよね。
ホームラボさんは、とくに記憶に残るような会社だったんです。実際にホームラボの方と話しをしてみたときに「あ、いいなあ」っていう。

ゆっくり考えてください」って、止められました

ご主人 ちょうど土地が見つかった頃に、ホームラボの営業の方が「近くに来たから」って、うちに来てくれたんですよ。それで、「最近はどうですか?」っていう話しから、「ちょうど土地が見つかりそうなんですよね」っていう話しで、一気に。
実は、3 社ぐらい見積りをお願いしたんですけど、でもなんかもう、ホームラボさんのプランを見た瞬間に「お願いします」って先に言っちゃって(笑)。
逆に営業の方から「いやいや、ゆっくり考えてください」って言われまして(笑)。
あの時の決め方は、よっぽど普通じゃなかったんでしょうね。テンション上がっちゃいましたね。

「気持ちよく生活できること」を中心に

奥様 住まいの「性能」というのでは、前の家で湿気がとにかく嫌だったので、「高気密」「高断熱」にこだわってる会社がいいなっていうことでずっと絞って探していましたね。
ずーっと長く住むんで、できるだけ快適な方がいいなあっていう。「ただ建てる」っていうよりは、「気持ちよく生活できる」っていうのを中心に考えて。見た目だけじゃなくて、中身もきっちりした家がいいなっていうのがありましたね。

みんなが助け合っている会社

ご主人 ホームラボのスタッフさんは、担当営業の方をはじめ、ほかのスタッフさんもアットホームなところがあって、「いい会社だなあ」って思っていました。
「みんなが助け合ってる」みたいな印象があるんですよね。で、明るいし。みなさんがいろいろなことをきちんきちんと話してくれて、一緒に考えたりしてくれたので、「ああ良かったなあ」っていう印象ですね。

奥様 工事担当の井手本さんは、迅速に対応してくれた感じがします。ホームラボさんは、他の業者さんに比べたら、打ち合わせがかなり多い方だと思います。
大変ではありますけど、ひとつひとつを理解した上で進めていけるので、「家づくりを楽しめたんじゃないのかな」って思ってます。
インテリアコーディネーターの生野さんが中心になる「最終打ち合わせ」は、ほぼ一日ですよね。うちは早かったらしいんですけど、それでも朝10 時から始まって、終わったのは夕方4 時でしたね。ほんとに細っかいとこまで打ち合わせましたね。
でもそんなに苦になってないですね。逆にそっちの方が「理解ができて楽しめた」っていうことですね。「なぜこの窓なのか」とか「なぜこのサッシなのか」っていうのを、ひとつひとつ理解させてもらって決めていったので。まあ、基本的には妻が中心で、僕はもう「はい」っていうだけでしたけど(笑)。
ホームラボは親しみやすい方たちばかりだったので、楽しみながら打ち合わせさせて頂きましたね。

一番のお気に入りは?

ご主人 完成してみて気に入っているところは「吹き抜け」かな。ただ、あんまり「ここ」っていう部分的なことではなく、何か「ぼよ~ん」とした感じの「ああ、いいなあ」っていう(笑)。
ラフな感じなのがいいなって思いますね。

奥様 まだ夏と冬は経験してないんですけど、このあいだ暑い日が何日かあったときに、家に入ると「ひやっ」とした感じがあったので、高気密、高断熱って「あ、これかな?」っていう感じがちょっとしましたね。
これから、夏と冬が楽しみです。

家族の幸せは「がんばり過ぎない」こと

ご主人 「家族の幸せ」って、「あんまりがんばり過ぎない」ということかもしれないですね。常に張り切ってたら疲れちゃうんで、楽に(笑)。
肩肘はらず素の状態でいられることが、家族の幸せ・・・僕はそういうことじゃないのかなあって思います・・・「見た目よりも中身」って
いうか。ホームラボさんも、そうですよね。住宅会社さんって「うちはここですよ」って、自分の主張を全面に出すところもありますよね。
ホームラボさんはそうじゃなくて、もちろん「こだわり」はあるんだけど、そういうところを全面に出さずに、落ち着いていていいな、っ
ていう。へんに肩に力が入っていないっていうんですか、そういうところが好きです。客をとろうとしてない(笑)。

奥様 そうそう(笑)。いい意味でですよ。
ガツガツしてないんですよ(笑)。

ご主人 でも、こだわるところはきちんとこだわるし、そういうところが安心できますね。信用できる。「ここに任せれば間違いないな」っていう。たぶん、「自信があるから」なんでしょうね。
自分たちが作ってるものに自信があって、それをスタッフの方がみんな理解しているから、ガツガツしてないんじゃないでしょうか(笑)。 とにかく、「いいものを作ろう」っていうことですよね。
だから、材料とか家づくりの細かい点まで、全てきちんきちんと説明してくれる。隠そうと思えば隠せるところを、ぜんぶオープンにして話してくれるのでそこらへんが企業としてホームラボさんの面白いところじゃないのかなって思いますね。

奥様 この家は「基礎」もすごいしっかりしてました。
近所の人が「もし地震があったときは、うちに避難しないといけないね」って(笑)。
ホームラボさんから「建てた後も一生のお付き合いですね」って言って頂いたのがうれしかったですね。
ほんとに「家づくりを楽しめた」って、思います。