スタッフ×スタッフ 「ホームラボ女子部座談会」

「家族の幸せ研究所」ホームラボの女性スタッフのここだけ話。

Inoue

営業の井上です。展示場にお客様が来られたときのご案内、最初の出会いからお引き渡し、その後の点検までお世話させていただきます。

Ide

井手(旧姓:生野)です。インテリアコーディネーターをやっています。営業担当がお客様と打ち合わせを積み重ねていった後に、「材料打ち合わせ」「最終打ち合わせ」という大きなイベントがあるんですけど、そのときに数ある材料の中から、お客様のイメージに合ったパーツや壁紙などを一緒に選んでいくというのが、いちばんメインの仕事になってます。

Yamasaki

山崎です。設計をやっております。
今は、上司である桐谷さんの下でサポート的なことが多いんですが、コーディネーターと一緒に打ち合わせに入ったりしています。

Yonezawa

米澤です。リフォームの営業をしてます。
今は不動産業者担当なんですけど、上司の鈴木さんのもとで、ホームラボのOB のお客様の家で簡単な修理があったときだとか、お手伝いや、家に関するリフォームを担当してます。お客様の生活に合わせて、どんどん家の使い方も変わってくるので、そういうのに合わせて、リフォームの提案などをしていきます。

1

「ホームラボ」って、こんな会社です。

住宅や建設業界は、「男性社会」というイメージが強いですが、ホームラボは女子率が高いですね。

生野 ホームラボの全スタッフ14 人のなかで、女子は5 人。
3分の1ですね。女子率高くて、業界では珍しいですか?わたしホームラボしか知らんけど(笑)。

米澤 わたしも。

山崎 以前いた会社は、女子はわたし1人でした。

生野 何人中?

山崎 ・・・3人中。

生野 3分の1やん! 比率おんなじやん(笑)。

みなさんから見た「ホームラボ」とはどんな会社でしょう?

生野 わたしずっとおるけん、意外と分からんちゃんね。

山崎 ひとりひとりが、やさしい、思いやりがある会社。

生野 あっ、そう!?(笑)

山崎 いい面でも、悪い面でも。

生野 どういうこと!? 悪い面の思いやりって何?(笑)

井上 「かばう」っていうこと?

山崎 そう! 「かばう」っていうことです。

生野 フォローしあうっていうことね。仲いい証拠やね。
うんうん。

井上 「社員どうし仲がよくてフォローしあってる」っていうことが、お客様にも伝わってるんじゃないかなと、直接お客様と接する機会が多い営業として、感じますね。

生野 井上さんは、ホームラボの前はハウスメーカーでしたよね。
一般のハウスメーカーとホームラボとのいちばんの違いって、どんなところですか?

井上 みんなでお客様をフォローしていこうという意識が強い会社だなと思ってます。生野さんは、ホームラボ長いけど、どうです?

生野 今までホームラボで建てていただいたお客様のおかげだと思うけど、年々、スタッフどうしのコミュニケーションもどんどん密になってるような気がするし、フォローもできるようになってるし。
昔に較べたら、クレームとかほんとに少なくなってきたなーというのは、すごい感じてます。

井上 会社として着実に成長していると。

生野 まあ、そんな感じ(笑)。「成長してるなー」と思って。

井上 はははは。

生野 米澤さんは、今年、社会人1年目ですけど、どんなですか?

米澤 まあ、こんなこと言ったら怒られるかもしれないですけど…

生野 いきなり!?

米澤 かちっとした会社というよりは、アットホームな感じで、どことなく学校の延長のような・・・ まだ学生気分が抜けてないのかもしれないけど。

生野 そりゃいかん(笑)。

米澤 なんか、「部活」じゃないですけど(笑)。

井上 「家族」って言ったらいいっちゃない?「社員どうしが家族」みたいな。

米澤 あ!「家族」です。はい。

生野 山崎さんは入社して何ヶ月になる?

山崎 5ヶ月ですかね。

生野 5ヶ月経ってみてどうですか?みなさんとの関係とか、仕事について。

山崎 米澤さんが言ったように、アットホームな居心地のいい会社ではあるな、と思います。

生野 ちなみに山ちゃんは、初出社の日に遅刻をした大物です(笑)。

全員 あははははは!

生野 みんな苦笑いやったよね。社長はちょっと怒りよったけど。逆にまわりがドキドキしたみたいな(笑)。でも、山ちゃんが遅刻して来てくれたおかげで、「いじりやすいキャラ」になったよね。

山崎 着いたら朝礼が始まってました、みたいな(笑)。そんなわたしでも、あたたかく接してくれる会社です。

2

徳富社長について

女子部目線で見る徳富社長とは、ざっくばらんに言ってどんな人でしょうか?

生野 社長はマック(※アップル社のコンピュータ)大好きよね、とりあえず。

井上 ま、一言で言うと…言っていいか分かんないけど、「オタク」(笑)。

全員 あははははは!

生野 ま、いい意味で(笑)。

井上 もちろん、いい意味で。家づくりに関してオタクです。
営業の私としては、お客さんに「うちの社長は断熱オタクなんです」とか、そういう話をしてます。

生野 つまり社長は、「マック好きの家づくりオタク」(笑)。

井上 おしゃれにも気をつかってますよね。

生野 以前お世話になったお客様が、社長に会うと、よく「若返った」って言われます。5年位前からくらべると、やせたし髪型とか服装とかもおしゃれになって、若返ってる。

井上 何があったんだろう。

生野 何があったかはちょっと分からないですけど(笑)。
社長のスタイルが変わってから、 それまでスーツだったホームラボのおじさまたちも、ちょっとカジュアルになって。
「おしゃれしましょう」じゃないですけど、そこらへんから会社として変わってきたかもですね。「いい家を提案するなら、服装とか見た目とかにも気をつかった方がいいよね」ということで。

社長の「ここはちょっといかがなものか」というところは?

生野 なんか、まあ・・・これ言っていいのかな(笑)。

今村 な、なんですか?

生野 あのですね、言うことや考え方が、ころころ変わる。経営者は「朝令暮改」っていうけど、社長もそんなんだと思う。

井上 あはははは。新しいものに飛びつきやすいよね?

山崎 それが、いい面でも悪い面でもあるのかなあ。

井上 それは、絶対いい面にもなってると思うけど・・・

生野 で、あきっぽい。

井上・山崎・米澤 で、あきっぽい。

生野 言ったことをすぐ忘れるので、みんなでフォローして記憶してあげないとね。「 この前、社長こういうこと言ってましたよ」って(笑)。

3

個性派揃いの男性スタッフ、そのヒミツ

それでは、男性スタッフのことも聞かせてください。
工務の井手本さんは、どうですか?

井上 井手本さんは、見た目もすごく風格がある。お客様から見た現場監督としては、頼りがいがあって、安心感があるんじゃないかな。声も大きいし。

山崎 落ち着いてる。

山崎 朝から元気よくあいさつしてくれる。

生野 なんかね、うちの会社は浮き沈みが激しい人が多いけんね(笑)。ちなみに朝から機嫌が悪いのは、やっぱ桐谷さんじゃない?

山崎 上司ですね。わたしの。

井上 その点、感情の浮き沈みがない井手本さんは、大人ですね。

山崎 いちばん安心できるのが、井手本さん。

設計の桐谷さんは?

生野 いちばん浮き沈みが激しい桐谷さんは、ちょっとめんどくさい(笑)。直属の上司だから、山ちゃんがいちばん大変じゃない?

山崎 めんどくさい(笑)。でも仕事に関してはすごい頼りになる。

生野 けどね、笑いのセンスがちょっとズレてるから、面白くないよね。

山崎 面白くない。

井上 桐谷さん本人の自己評価と、ギャップがね(笑)。

生野 ギャップがね、だいぶ激しいよね(笑)。

山崎 笑いに関しては。

生野 でも価値観がいい意味で独特だから、本職の設計では、逆にすごく面白いプランが出てくる。

井上 営業として思うのは、桐谷さんの提案に、ほんとに納得されるお客様が多くて、それは「すごいなあー」って。桐谷さんが言うことはすべて受け入れるっていう。

山崎 桐谷さんが言葉を発しようとすれば、身を乗り出して聞く、ぐらいの・・・

生野 お客様もいらっしゃる。仕事は「ほんとにすごいなー」って思うよね。

工務・品質管理の吉松さんは?

井上 雑学王。

生野 年齢不詳。

井上 年齢も不詳だし、雑学王だし・・・

生野 若干プライベートが謎。

全員 ははははは!

生野 でも、まあ、すごいがんばってる。

生野 あと、誰とでも仲良くなる。

井上 旅行に行ったら親友ができるらしい。

生野 ずば抜けとるよね。でも、若干話しが長い。とくに飲むとね。

お酒飲むと、ちょっと空気が読めなくなる。でも、基本いい人ですよね。

井上 いい人。

山崎 やさしい。

生野 お客様からもすごい信頼があると思うし・・・ちょっとは仕事の事も上げとかんとね(笑)。

リフォーム担当の鈴木さんは?

山崎 かっこいい。スタイルがいい。

米澤 わたしの口からは何も言えないです。

生野 ヨネちゃん直属の上司やからね。

井上 ホームラボ人気・・・

全員 ナンバーワン!!

生野 仕事に対してはすごい熱い。

山崎 まっすぐ。

生野 鈴木さんは本当のことを言ってくれるよね。

井上 だから人気ナンバーワン。

山崎 いろんなとこに気がついてくれる。両手がふさがってたら、ドア開けてくれたり。

生野 すばやい。

井上 ホームラボのジェントルマン。

生野 ジェントルマンが少ない弊社で、唯一のね。

井上 鈴木さんって、いろんなことに感動してくれるよね。

生野 リアクションがいい。基本的にみんなリアクションはいいんですけど、ちょっと違うんよね。とくに誰かさん。山ちゃんの上司の・・・。

山崎 それ以上、言わなくていいです。

つづいて女性スタッフについて聞きます。まず井上さんは?

生野 井上さんは・・・エグザイル!

山崎 エグザイル大好き!

米澤 井上さんは「若い」です。

生野 「頼れるお姉さん」って感じ。そして、おもしろい! おもしろエピソードがいっぱい。井上さん、何か持ってるよね。

生野 女性の営業ということもあって、お施主様の奥様との関係がすごくいい感じ。

生野さんは?

井上 お客様との打ち合わせでも、つい話しがそれたり、長くなったりするところを 軌道修正する役目をしてくれるんで、ありがたいなと思ってます。

山崎 生野さんは、お客様の好きなものとかを瞬時に分かる。 生野さんがお客様と接する機会は、材料選びのときと最終の打ち合わせしかないけど、 そのときに「こういうのが好きなのかな」っていうのを、しゃしゃって。

生野 「しゃしゃって」(笑)。

山崎 しゃしゃってやって、バッチリまとめてくれたりする。

生野 山ちゃん、ありがとう。

山崎 頼りになります。

井上 あと、みんなが言えないことを言ってくれる。

山崎 そう。「これ言いたい」と思ったら、ズバッと。

みなさん自分のことを良く言ってもらいたいのか、必死でほめていませんか。

井上 へんなこと言うと、女子の関係にヒビが入りますからね(笑)。

山崎さんは?

生野 山ちゃんは、まだ入社して5ヶ月と思えないぐらい、会社になじんでるよね。

山崎 なじみすぎですかね。

生野 やっぱり、「初日に遅刻」というかなり衝撃的なエピソードが効いてるかな(笑)。ついつい、いじりたくなるよね。よく「かむ」しね。見た目はね「ホームラボの相武紗季」みたいなんやけど(笑)。

山崎 そこ言わなくてよくないですか。

生野 山ちゃんは、まだ入社して5ヶ月と思えないぐらい、会社になじんでるよね。

山崎 なじみすぎですかね。

生野 やっぱり、「初日に遅刻」というかなり衝撃的なエピソードが効いてるかな(笑)。ついつい、いじりたくなるよね。よく「かむ」しね。見た目はね「ホームラボの相武紗季」みたいなんやけど(笑)。

山崎 そこ言わなくてよくないですか。

生野 ちょっとキャラ立てといた方がよくない?「ホームラボの相武紗季」で。

井上 お客様からも「似てる」って言われたよね。

生野 「似てる」って言われたときのリアクション、考えとった方がいいよ。

山崎 ちょっと考えとかなきゃだめですね。

生野 でも設計の方も、仕事もあっという間に覚えて。二級建築士の試験も、受かったよね?

山崎 受かりました!

井上・生野・米澤 おめでとうー!!(拍手)

山崎 怖い先生がいたんでですね。

井上 おかげよね。

山崎 ほんと、桐谷さんのおかげです。

生野 入社して仕事も慣れないといかんし、勉強もしないといかんし、大変やったと思う。

井上 がんばった!

山崎 がんばったかいがありました。ありがとうございます。

最後に、米澤さんは?

井上 ヨネちゃんは、かわいい。

生野 小動物系な(笑)。

井上 石川県から福岡に出て来て。

山崎 もともと福岡が好きやったんよね。

米澤 はい。

生野 ぜんぜん知らない土地でね、仕事はじめてね。でも最初はキャラがよく分からんかったけんさ。

井上 そうそう。フシギちゃんやったけど(笑)。

生野 最近は慣れましたね。ヨネちゃんって、興味があることには、すごい早口になるよね(笑)。

井上 「興味があること」と「ないこと」が、分かりやすい(笑)。

山崎 男性陣からも、ものすごく愛されてる。

井上 愛されてる。

生野 あたたかく見守りたいですね。ちょっと「親心」ぐらいな感じで。 なんかね、心配やもんね。みんなでかわいがってください。

4

プライベートで、嵐のキャンプ

スタッフみんなで、プライベートで遊びに行くことも多いと聞きましたが?

生野 嵐の中、日田(※大分県日田市)にキャンプ行ったよね。

米澤 行きました。キャンプ。8月。台風が来て中止になるかと思ったけど、行きましたね。

米澤 1ヶ月前から予定してたのに、見事にその日が台風ど真ん中でしたよね。

米澤 買い出しの時点でビシャビシャでしたもんねー。

生野 W 杯のパブリックビューイングにも行ったね。夜中の3時半から。デンマーク戦。

生野 「ホームラボ・ジャパン」みたいなね。

井上 朝を迎えたね。

生野 あんときはサッカー熱かったよね。

米澤 熱かったです。

井上 サッカーもしてたよね?

米澤 公園かなんかで、蚊にさされながら。言い出しっぺは、いつもいっしょですよね。

全員 桐谷さんで~す!!

5

「家族の幸せ」のために、女子部ができること

では、最後にちょっとまじめな質問です。
ホームラボでは「家族の幸せ研究所」という理念を掲げていますが、 家族の幸せを実現する住まいづくりの中で、自分が果たす役割をどう考えていますか?井上さんから順番に聞かせてください。

井上 それぞれのご家族には、それぞれの幸せのかたちがあると思うので、営業のわたしとしては、 それぞれの幸せのかたちを「いっしょに見つけていく」という役割なのかなあと思います。 幸せのかたちを見つけるにあたっては、「お客様といろんな話しができる環境づくり」に いちばん力を注いでいきたいですね。そして、そこで見つけた幸せのかたちを、 設計やコーディネーターのスタッフにうまく伝えられる役割でありたいですしそういう役割をいちばん果たさなきゃいけないと思ってます。

生野 お客様には、家に対する「思い入れ」や「夢」が、それぞれあると思うんです。そんな思いを営業のスタッフと話し合っていただいて、わたしは、それがある程度かたちになってから、 打ち合わせに入らせてもらうんですが、ホームラボの家づくりは、スタッフがお客様といっしょに 考えながら作りあげていくものなんですね。

だから、コーディネーターという立場として、 お客様の頭の中にあるイメージを探ったり、教えてもらいながら、ひとつひとつパーツを組み上げて、 それぞれのご家族の幸せをかたちにしていくのが仕事だと思って、打ち合わせに望んでます。わたしが入る「材料打ち合わせ」や「最終打ち合わせ」は、 家づくりの大きなイベントでもあると思うんです。お客様にとっては初めてのことだし、 時間もかかるし、すごく大変だと思うけど、その打ち合わせが終わった後に、「楽しかったなあ」「やりきったなあ」っていう感じで、打ち合わせがいい思い出になるように、 いつも心がけています。
そういった思い出もふくめて、家ができあがったときに、「 ホームラボで建ててよかったなあ」「これからもっと、お家を大事にしていきたいなあ」って、 お客様がそんな思いになっていただけたらいいな、と思ってます。

山崎 わたしが考える「家族の幸せのかたち」は、家族の中で笑いがあったり、 怒りもあったり、喜びも悲しみもすべて出し合えて、話し合えること。
そんな家族の幸せのかたちをつくっていくために、「設計」という立場で考えると、もちろん、 法規や規則的なこと、構造的なものを考えていくことも大事なんですけど、 家族ひとりひとりの好き嫌いや、それまでの経験とか、いろんな思いやお話を聞き出して、 その家族が居心地のいい家をつくれるようになったらいいなあっていうのがあります。
昔読んだ本で、ある建築家の方が「建築家として家を建てることは、プライベートまで 踏み込んでいくから、親戚や近隣まで含めてその家族の一員になることだ」って言ってたんです。
わたしも、リフォームの仕事をさせていただいたご家族と、すごく仲良くさせてもらった経験が あるんです。
わたしが風邪をひいたら、そのご家族はもちろん、いとこや近所の人まで 心配してくれたり、お子さんの幼稚園の卒園式を一緒に見に行かせてもらったり・・・。
家づくりって、それくらいお客様と親しくなることもある。 こんなにご家族に携わっていく仕事っていうのは、他にはあんまりないと思うんですね。だからやっぱり、お客様の個性をぜんぶ聞き出して、家族の一員になれるぐらいに その人たちを知って、居心地のいい家をつくり出していけたらなあ、と。
設計の立場として、そんな家づくりができたらいいなと思います。

米澤 なんかみなさんがすごい立派なことを言った後で、すごい、あさはかな感じが・・・。

生野 ヨネちゃんが深いこと言い出したら困るよね、わたしたち(笑)。

米澤 わたしは、リフォームを担当させていただいてるんですけど、新築を建てたお客様はですね、家をつくったら、そこがゴールではなくて。
もちろん、家の新築は、家族が笑顔になるイベントのひとつではあると思うけれども、そこからその家に住んでいって、家族の成長とともに、幸せもどんどん変化していくと思うんです。で、やっぱり家族の成長や幸せの変化に合わせて、家も少しずつ使い方が変わってきたりだとか、家族が成長していく段階で、直さなきゃいけないところなんかも出てきたりするんですね。
だから、家と共に家族のみなさんが、ずっと長く、楽しく住んでいってほしいから、そのためのメンテナンスの提案だったりだとか、家族と幸せの変化に合わせた、また違う家の使い方の提案を大事にしていきたいです。新築で建てた家を末永く、ずーっと家を愛してくれるように、 いろんな提案をしていけたらいいなって思います。