長期優良住宅

2007年、政府の住宅に関する専門調査会が「200年住宅ビジョン」を発表しました。
世界一の長寿国にもかかわらず、日本の住まいは、たったの30 年で建替えられるという現状。世界と比べても、とても短い寿命です。
そこで住宅業界でも「つくっては壊す」フロー消費型の社会から「いいものをつくって、 きちんと手入れして長く大切に使う」ストック型社会へ転換を図る試みが「住宅の長寿命化への取り組み」のビジョンとして示されました。
ホームラボではすでに「10 年先のスタンダードをつくる」性能住宅の開発に取り組んでおり、その展開の中でいち早く「長期優良住宅」に対応することが出来ました。
私たちホームラボは「家族を幸せにする家づくり」をテーマに、とどまることなく「未来に誇れる家づくり」へ向けた様々な取り組みを実践していきます。

長期優良住宅とは

日本の住まいはわずか32.2年で立て替え!世界は・・・?

長期優良住宅とは

【作っては壊す「フロー消費型社会」】

【良いものを手入れすることで永く大切に使う「ストック型社会」】

※上記の200年というのは、住宅寿命を200年保証するものではありません。

住宅の資産価値と建て替え

長期優良住宅の認定と定期的なメンテナンスを行なった住宅の資産価値

これまでの住宅資産価値

ホームラボの家は認定取得で様々な待遇が受けられます!

登録免許税減免 0.1%
一般住宅:0.15%
住宅ローン控除 最大600万円 固定資産税減免 【戸建】
1〜5年目 1/2軽減
【マンション】
1〜7年目 1/2軽減
投資型減税
(ローン末利用の場合)
最大控除額
50万円
不動産取得税減免 課税基準から
1,300万円減額
(一般住宅:1,200万円)
超長期住宅ローン
の供給支援
償還機関
35年→50年

認定を受けるには8 つの基準をクリアしなければなりません。

劣化対策
劣化対策等級3
耐震性
耐震等級2以上
維持管理・更新の容易性
劣化対策等級3
省エネルギー性
省エネルギー対策等級4
認定基準 良好な居住環境への配慮
周辺のまちなみと調和
住戸面積の確保(注1)
床面積75 ㎡以上
維持保全計画
点検・補修・交換等
記録の作成・保存
住宅履歴書

注1) 少なくとも1 つの階の床面積が40m2 以上(階段部分除く)地域により55m2 を下限に緩和を定める場合があります。
※行政機関ごとに基準が異なる場合があります。

機能比較へ

ホームラボの家は長期優良住宅に標準対応しているため、認定が容易です。

長期優良住宅に対応していない住宅メーカーでは認定を受けるには、「劣化対策」「耐震対策」「省エネルギー性」「維持管理の容易性」などにコストがかかります。

家計にやさしい家

【住宅ローン減税】

※控除額は住宅取得日によって異なります。
※一般住宅の控除額が最大500万円に対し、長期優良住宅は最大600万円の住宅ローン控除が適用されます。
※右表は実際の金額の対比表 ※最大控除額まで達しない方は住民税から控除、また性能強化費用相当額(上限1,000万円)の10%をその年分の所得税から控除されます。

【住宅ローン減税】

居住年 一般住宅
控除対象借入額
一般住宅
最大控除額
長期優良住宅
控除対象借入額
長期優良住宅
最大控除額
平成21年
平成22年
5,000万円 500万円 5,000万円 500万円
4,000万円 480万円 4,000万円 400万円
3,000万円 360万円 3,000万円 300万円
2,000万円 240万円 2,000万円 200万円
平成23年 5,000万円 600万円
4,000万円 480万円 4,000万円 400万円
3,000万円 360万円 3,000万円 300万円
2,000万円 240万円 2,000万円 200万円
平成24年 4,000万円 400万円 3,000万円 300万円
平成25年 3,000万円 300万円 2,000万円 200万円
平成26年3月末まで
平成26年4月~
平成29年12月末まで
3,000万円 300万円 2,000万円 200万円
5,000万円 500万円 4,000万円 400万円

【投資型減税】※住宅ローン未使用の場合のみ

※住宅ローンを利用せず自己資金で建築された場合でも、所得税から控除が受けられます。

【金利の優遇】

フラット35S

※住宅金融支援機構の長期固定金利型ローン「フラット35S」の金利優遇期間が
※住宅の性能や使用によって2つの金利が用意されています。

【税金の軽減】

登録免許税減免

固定資産税免税(床面積120㎡までの部分)

不動産収得税(課税標準から)

※長期優良住宅なら、住宅取得に関わる各種税金も軽減されるうれしいメリットがあります。

※掲載内容は2014年12月現在
内容は予告無く変更される場合がありますので、詳しくは各金融期間へお問い合わせください。

夏は涼しく冬は暖かい次世代省エネ

「省エネ&経済的」次世代省エネ基準

高気密・高断熱へ

耐震性・耐久性に優れ、将来の間取り変更も容易なS&I(スケルトン&インフィル)

『将来の間取りも容易』可変性アップ

  • 30代・2人
  • 40代・4人
  • 50代・4人
  • 60代・2人

・リフォーム・メンテナンスも容易
・収納を動かし間を仕切ることもできる《ムービングクローク》
・間取りの変更が容易

暮らすほどにおトク!ご家族の成長に柔軟に対応できる家です。

スケルトン・インフィルへ

標準仕様で対応しているので、認定が容易

将来も安心な住宅履歴書付き

ホームラボは、建ててからも安心です。

・メンテナンスも安心
・リフォームも安心
・中古で売るときも安心
・子世帯が住み継ぐときも安心

住宅履歴書
・どんな設計で建てたかわかる
・建てたときの性能がわかる
・施工中の状況がわかる
・メンテナンスの履歴がわかる
・リフォームの履歴がわかる