LABOの庭

緑の設計

「家」+「庭」で「家庭」となるように、「住まいは庭があってこそ完成する」と言われます。
「庭」は、身近な四季を感じる場であったり、ガーデニングや家庭菜園を愉しむ場であったり、 子どもたちが自然とふれあう場であったり、いろいろな役目を持っています。家族が庭を持つということは、その家族の文化をつくるということでもあるのです。そして、「環境に配慮する」という点においても、「庭」の効果は少なくありません。

そもそも「庭」に求めるものは何か

私たちが「庭」に求めるものをあらためて整理してみると、大きく2 つに分けることができます。
ひとつは、「四季を感じる場」「子どもの遊び場」「ガーデニング」「家庭菜園」などといった、「たのしむ場所」としての庭。
もうひとつは、「駐輪や駐車」「物置」「隣家との境界」「風除け・日除け」などといった、いわゆる「外構」として、「実用的な価値を持つ場所」としての庭。そのどちらもが相まって、暮らしをより豊かに、便利にしてくれるわけです。
また、庭は、いちばん身近な自然でもあります。四季の草花や樹木、野菜や果実、虫たちが生きる小さな自然は、子どもたちの感受性もより豊かに育んでくれるはずです。

「庭」は「住む人」を語る

枯山水が風情ある趣を醸し出す日本庭園。バラをはじめ、四季の花々が咲き誇るイングリッシュガーデン。
芝生の緑が目に鮮やかなグラスガーデン。池のまわりに梅、桃、桜、紅葉などを配した、野趣あふれる庭。
モダンな建築の中心に設けたミニマムなガーデンテラス・・・。ひとくちに「庭」といっても、さまざまなタイプの庭があり、それぞれの庭のスタイルは、そこに住まう人それぞれのライフスタイルを反映しています。
ホームラボの「緑の設計」は、そのひとつひとつがオーダーメイドのプランです。敷地の条件やライフスタイルに応じて、満足いただけるプランをご提案します。

ホームラボの庭

どんな庭にも、そこにふさわしいデザインがあります。
庭での出来事や楽しみは、そこに輝く花々や植物、虫たちの生命に彩られて、五感の記憶として育まれていきます。
とくに子どもたちにとっては、花や木々のある庭も含めたぜんぶが「実家」であり、「原風景」となって、「ふるさと」の思い出になってゆくのです。
「ホームラボの庭」は、「ファミリーガーデン」というコンセプトのもと、気楽に管理ができて、四季に映える庭にしました。

ホームラボの庭「ファミリーガーデン」

[特徴]
・庭ぜんたいを見渡せる
・庭の入口のアーチにからませた「バラの香り」でお出迎え
・アプローチを歩きながら広々とした感覚が得られる
・芝生により太陽光の照り返しを防ぐ
・趣味や実用のコーナーとしての菜園・花壇ゾーン
・季節感を感じられる植栽、果実、落葉樹などウッドデッキ(多目的ゾーン)は、読書、お茶、バーベキューなどを楽しむためのカウンターを設け、子どもたちを見守る場所としての役割も果たしながら、庭の景観も楽しめる。

庭を彩る花木やハーブ

 

お庭の様子

01.庭の中心にどっしり構える大きな木。 02.プラムで作るジャムが楽しみです。 03.紫紺が美しいスイスチャード。 04.門から玄関へ続く石畳。 05.春のキンモクセイ。 06.青空に緑が映えます。 07.メインの花壇では何十種類もの草花が。 08.ウッドデッキからのお花見は最高! 09.ツルも伸びてきて良い雰囲気に仕上がりました。 10.優しい浅紫に癒されます。 11.赤と白のコントラストが素敵。 12.壁にアクセントを付けました。 13.鳥の休憩所♪ 14.桐の一種花散里。 15.もう少ししたらきれいな黄緑の芝生になります。 16.色とりどりな春の花の世界。

夜の庭

庭は朝・昼・夜で色々な表情を見せてくれます。朝日がのぼる頃、昼の明るい時間、夜の静かなひと時。
そのどの時間でも庭は楽しむことができます。
ホームラボの庭はウッドデッキとバルコニーで夜風を感じながら寛げる空間としています。
広くなくてもちょっとしたテーブルと椅子で一日の疲れを癒すのも夜の庭ならではの楽しみ方です。