家づくり歌づくり HOME LABO × UEDA MARIE in KURUME

HOME LABO[工務店]×植田真梨恵[歌手]

「家づくり・歌づくり」長く愛されるモノづくりを目指して。

久留米出身の歌手「植田真梨恵」と工務店「ホームラボ」が、
“つくる”という共通のテーマをとおして、モノづくりに対する姿勢、
長く愛されるカタチを模索する姿を伝えるコラボレーション企画。
歌い手でもあり、作詞作曲もこなすクリエイター植田真梨恵の世界観と
ホームラボの各専門スタッフの家づくり対するこだわりや思いを、
それぞれつくるモノは異なりますが、どこかリンクする姿を感じていただければ幸いです。
タイアップ曲には作詞作曲、植田真梨恵のsoftlyを採用。

専用マーク

植田真理恵とHOME LABOのコラボレーション専用マーク。
モノづくりという大きなカテゴリーの中で“音楽”と“家”を融合させ、
シンボルとなるようなビジュアルを制作。

MOVIE

Movieを表示します。

植田 真梨恵 Profile

「わたし、つくるし、それ歌う」

福岡県久留米市出身。あふれる感情ごと全身全霊で歌う感情型シンガーソングライター。
インディーズ時代から一貫して、作詞作曲にとどまらず、作品全般のアートワーク、MV企画、衣装のスタイリング、メイクアップ、グッズデザインやライブの舞台演出まで自らこなし、音楽制作も含めたすべてをセルフディレクションで行う。

六ツ門商店街土曜夜市で開かれたちびっこカラオケが初ステージ。
幼い頃から歌手に憧れ、中学三年生の時、大阪のレコード会社(GIZA studio)が主催するコンテストで優勝したことをきっかけに生まれ育った久留米を離れ、大阪で一人暮らしと音楽活動をスタートさせた。16歳で出演した初ライブのパフォーマンスがレコード会社スタッフの目にとまり、17歳でインディーズレーベルよりミニアルバム「退屈なコッペリア」をリリース。以降、アコギを手に年間50本を超えるライブを重ね、2013年にはワンマンライブ全公演完売を記録。大きなタイアップもなく歌の伝播力だけで東阪CLUB QUATTROワンマンまでたどり着いたことをきっかけに、2014年、シングル「彼に守ってほしい10のこと」で念願のメジャーデビューを果たした。

インディーズデビューから数えて活動10年の節目を迎えた2018年には、久留米絣をモチーフに制作した楽曲「勿忘にくちづけ」がチョーヤ「夏梅」のCMソングに抜擢され、故郷久留米で初のワンマンライブを開催。
明けて2019年、メジャーデビュー5周年を迎えてなお、5作連続リリース、全国ツアー開催と勢いをとどめることなく、11月1日には5周年のしめくくりとして、一夜限りのスペシャルライブ【植田真梨恵 SPECIAL LIVE “PALPABLE! MARLE! LIVE! -ANNIVERSARY 2019-”】を Zepp Divercity(TOKYO)で開催することが決まっている。自分の中にあるものしか歌えない。音楽に嘘はつきたくない。幼い頃に見た夢そのままに、不器用なまでにまっすぐ歌に向き合う。

share!