ブログ一覧

介護

2022/09/04

こんにちは営業課の秋好です。

先日、少しだけ実家に帰ってラガーさんに会って来ました

ここ最近は体調を崩して大好きな散歩にも行けず、寝たきりの状態が続いているようです。

2B68178D-B8EA-4F6F-8C11-96C863633947 

一応、毎日外には連れ出しているようですが、自力では満足に動けず、父が抱き抱えています。

もう15歳ですから、かなりのシニア犬であることは間違いありません。

去年あたりからオムツも着けていますが、まだまだ元気だと思っていましたが、立ち上がるどころか寝返りをうつのも辛そうです

ここまで弱ったラガーさんを見るのは初めてだったので、ショックを受けました。

母曰く、まだ食欲があり、体重も落ちていないからまた元気になるとのことでした。

母は70歳手前ですが、今後、別の犬と暮らす気はないそうです。

今ラガーさんを介護する日々で体力を使うため、同じことを80代になってやるのは無理だと言っていました。

確かに、動物はかわいいですが、生半可な気持ちでは一緒に居られないなと改めて思いました。

5071B006-317E-4EA2-A0DC-3FD7AA9007A7

僅か1日の帰省中には、その元気な姿を見ることはできませんでしたが、2週間程して

「また歩けるようになったよ」との連絡が母からありました

頻繁には会いに行けませんが、なるべく早い内にラガーさんに会いに行きたいと思いました。

それでは、また

知恵比べ

2022/08/15

皆さん、こんにちは。営業課の秋好です

ここ最近、ずっと悩んでいたことがあります。

それは、こちらです。

B81E6DF3-DC74-4023-9B51-85E10A50C500

ハナがハウスを破壊するのです

写真ではエスカップの箱ですが、元々はちゃんとしたハム用のハウスを置いていたんですよ。

ですが、あっという間に齧って破壊してしまったので、どうしたものかと思案していました。

本来ハウスは消耗品ではないのですが、ハナの手にかかれば毎週買い替えなくてはなりません

03F5CFA5-D455-476C-9746-975828AD6233

カイ太郎も多少はハウスを齧ることはありましたが、ハナは激しすぎます

どうしたら齧らないようになるのか?

もちろん、専用の齧り木は与えていますが、そう人間の思惑通りに行動してくれないのが動物なのです。

齧り木は殆ど齧らずハウスを執拗に狙います。

一度齧り始めると延々と齧り続けるので、それなりの音もします。

こうして人間とハムの知恵比べが始まったのでした

ちなみに、ハナが齧るのはハウスだけにとどまりません。

こちら

712EF664-CE9D-45DF-A84E-E384BFDCB5D0

ウォーターボトルも齧ります。

あまりにも激しく齧るので、とうとう孔があいて水漏れが起きました

こうなっては、もう使うことができません。

そこで用意しました。

AC6F9672-2D4C-4833-BF35-BCB9F6B89135

陶器のハウスです。

如何に凶暴なハナといえど、さすがにこれは齧れません。

そして、こちら。

E4D3B06D-EC6B-400F-823D-CDEF70BD6A6C

同じく陶器の囲いをしたウォーターボトルです。

これで夜な夜な凶悪な音に悩まされることはないでしょう。

こうしてハムとの知恵比べに勝利を納め、平穏な日々を取り戻したのでした。

C3CECE38-A045-4C49-A3AC-A2672AB63D2D

やはり、家は丈夫なものに限りますね

 

皆さん、こんにちは営業課の秋好です。

前回の更新から暫く期間が空いてしまい、すみません

4月の中旬に我が家にやってきた新しい仲間をご紹介します。

ジャンガリアンハムスターの女の子、ハナです。

45126F87-9A37-470C-95BD-16AD9F9F288D

我が家に迎えたのは生後2ヶ月の頃、人間でいうと18歳くらいです。

はるばる台湾から海を渡ってやってきました。

今更ながら、カイ太郎にお友達ができたら良いなと思ったのがきっかけです。

ハムスターは個々の縄張り意識が強く、多頭飼育は危険なため、カイ太郎とは別々のケージで生活しています。

九州男児のカイ太郎と台湾ガールのハナ。

暫くお互いの存在に気付かない生活を送っていましたが、ある日こんなワンシーンの撮影に成功

2C095C89-27AC-4FF8-A675-5FF1CA5F0CB0 

これはケージの外で食事を与えているところです。

2匹を一緒に遊ばせることはありませんが、一見すると仲良くしているように見えませんか?

新たにハナを迎えて、我が家は少し賑やかになりました

 

さて、前回のブログでカイ太郎の体調が良くないことをお伝えしましたが、尻尾からの出血は治りません。

出血が止まってかさぶたができると、痒みのせいか、自分でかじって再出血という状況が延々と続いています。

薬を与えたり、絆創膏を尻尾に貼ってみたり、色々と試してみましたが解決しません。

足取りもおぼつかなくなり、身体が日に日に小さくなっていきます。

そんな中でも食欲がある点は救いでした。

そんなカイ太郎ですが、先日ケージの中でぐったりしている姿に妻が気付きました。

すぐに僕もカイ太郎の様子を確認し、ただ単に寝ているのではないことを理解しました。

そっと掌に乗せると、その小さな鼓動が伝わってきますが、呼吸は荒く、とても苦しそうでした。

74397E6E-78C0-41F8-84C2-4CA9AACF89D6

とうとう旅立ちの時が来たのだと悟りました。

妻と一緒にカイ太郎の身体をそっと撫でました。

するとカイ太郎は手足をバタつかせて小さな鳴き声を上げました。

僕らは、それがカイ太郎からの別れのメッセージだと受け止めました。

それから1時間程で、カイ太郎は静かに旅立っていきました。

妻と入籍した2週間後にカイ太郎は生まれ、ずっと僕らの傍に居てくれました。

元気いっぱいに走り回る姿や、美味しそうに食事をする姿、ケージを覗き込むと僕らに気付いて駆け寄ってくる姿に癒され、たくさんの元気と笑いをもらいました。

以前から決めていたとおり、カイ太郎は僕の実家の庭に土葬しました。

FCB795FF-3F1D-4168-B78D-F73C4768B56F

火葬してお骨を受け取るという選択もありましたが、土に還すことを選びました。

これ迄のたくさんの思い出が蘇りましたが、最後はカイ太郎に感謝の気持ちを伝えてお別れをしました。

452ECF2F-1E3D-4C20-ACF2-F7AB99458226

04DA63CE-34A4-472C-BD2F-EB4610066977

6FEE0903-84CA-4C63-9166-090C5033BD09

カイ太郎を我が家に迎える前は、僕自身はハムスターに特に興味がなく、これ程つらい別れになるとは思っていませんでした。

まだ気持ちの整理ができず、暫くはカイ太郎のケージやハウスを片付けることはできそうにありません。

当初の思い通りにはいかず、カイ太郎とハナはお友達にはなれませんでしたが、これからはハナにたくさんの愛情を注いでいきたいです。

お引越し

2022/04/15

皆さん、こんにちは

営業課の秋好です。

今回は久し振りにカイ太郎のお話です。

18CCA07D-0447-470C-B89D-C418982E2116

実は最近、カイ太郎は身体に異変が起きています

かわいい尻尾が赤くなっているのです。

出血なのか、腫れているのか、ちょっと見ただけでは分かりません。

数日様子を見ても状態が変わらなかったので、かかりつけの病院に連れて行きました

カイ太郎がお世話になっているのは津福今町の山口動物病院です。

こちらの先生は、とっても優しくて、動物たちに深い愛情をお持ちなのがひしひしと伝わってきます。

診察の際もできるだけ動物を怖がらせないよう、ストレスを与えないよう、とても気を配って下さります。

さて、そんな先生による診察の結果、やはり出血であることが分かりました。

そして、その原因を一緒に考えたところ、カイ太郎のおうちに一因があるのではないか?

との結論に至りました。

カイ太郎の家はロフト付の二階建てです。

2歳4ヶ月のカイ太郎は、人間の年齢に換算すると90歳の超高齢です。

どんなに元気そうに見えても足腰は確実に弱っています。

二足で立ち上がる際、以前のように後ろ脚だけで身体を支えられず、尻尾を使っているのではないか?

そのせいで負担が掛かった尻尾から出血しているのでは?

という訳です。

飲み薬を処方してもらい、朝晩の食事に混ぜて与えます。

E64A4E1A-F05F-4095-B137-5189DDF78C2B

58882CE5-E857-42B4-BB18-878F2252818C

以前より食事量は減ったものの、元気に食べてくれます

そして、さっそく用意しました。

C0DB298F-52AA-4C88-B166-A8C9723785C3

大きめサイズの水槽です。

これを使って平屋仕様のカイ太郎の新居を作ります

17C4C898-5C78-49BF-919B-5C49CBB670A1

ハウス、ウォーターボトル、トイレ、回し車の配置は以前と同様に。

できるだけ早く慣れてくれるようにしました。

平屋にしたら、今までよりスッキリした印象の空間になりました。

これで早くカイ太郎のケガが治りますように

やはり、住まいはライフスタイルと共に変化させていくものですね。

それでは、また

皆さん、こんにちは

営業課の秋好です。

タイトルに書きましたが、遂にLABOTATE in CHIKUGO がオープンします

そして、3月19日からの三連休と翌週末26日、27日に完成見学会を開催いたします。

これまで当ブログで行なってきたLABOTATE in CHIKUGO の動画紹介も今回が最後となります。

今回はvol.5とvol.6(最終回)の2本をご紹介します。

vol.5は木工事完了後の様子

vol.6は工事完了後の社内検査と家具搬入の様子をお届けします。

是非、ご覧ください

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは

営業課の秋好です。

今回は筑後市で建築中の建売住宅、

LABOTATE in CHIKUGOの第4回目の動画をご紹介します。

1月15日と16日に開催した構造見学会と、お餅撒きの様子をお届けします。

是非、ご覧ください

 

皆さん、こんにちは

営業課の秋好です。

今回は筑後市で建築中の建売住宅、

LABOTATE in CHIKUGOの第3回目の動画をご紹介します。

基礎完成から上棟までの様子をお届けします。

是非、ご覧ください

 

なお、1月15日と16日はLABOTATE in CHIKUGOの構造見学会を開催します。

また、16日は11時からお餅撒きも予定しています。

是非お越し下さい

 

皆さん、こんにちは

営業課の秋好です。

今回は筑後市で建築中の建売住宅、

LABOTATE in CHIKUGOの第2回目の動画をご紹介します。

基礎工事に着工したばかりの現場からの様子をお届けします。

是非、ご覧ください

有終の美

2021/12/28

全国のモータースポーツファンの皆さん、こんにちは

営業課の秋好です。

今回はディープな世界を少しだけご紹介します。

70年以上に渡るF1世界選手権の歴史の中でも稀に見る混戦を極めた2021年のチャンピオンシップが遂に完結

ちなみに今回使用した写真は、レッドブルレーシングとアルファタウリ・ホンダの公式サイトが供給するフリー素材です。

ABU DHABI, UNITED ARAB EMIRATES - DECEMBER 11: Sergio Perez of Mexico driving the (11) Red Bull Racing RB16B Honda during final practice ahead of the F1 Grand Prix of Abu Dhabi at Yas Marina Circuit on December 11, 2021 in Abu Dhabi, United Arab Emirates. (Photo by Bryn Lennon/Getty Images) // Getty Images / Red Bull Content Pool  // SI202112110133 // Usage for editorial use only //

ABU DHABI, UNITED ARAB EMIRATES - DECEMBER 10: Max Verstappen of the Netherlands driving the (33) Red Bull Racing RB16B Honda during practice ahead of the F1 Grand Prix of Abu Dhabi at Yas Marina Circuit on December 10, 2021 in Abu Dhabi, United Arab Emirates. (Photo by Clive Rose/Getty Images) // Getty Images / Red Bull Content Pool  // SI202112100217 // Usage for editorial use only //

かつてF1は自然吸気エンジンを動力としていましたが、時代の流れと共に大きく変化。

現在はターボエンジンにモーターを加えたハイブリッドシステムを動力としています。

そして、このハイブリッドシステムは市販車の一歩も二歩も先を行く代物なのです

ブレーキングの運動エネルギーだけでなく、排気ガスの熱エネルギーをも回生してモーターを回す複雑なシステム。

このシステムをパワーユニットと呼びます。

2015年

日本が世界に誇る自動車メーカー『ホンダ』は、

名門チームのマクラーレンにパワーユニットを供給する形でF1の舞台に復帰を果たしました。

王座陥落から久しいマクラーレンが、王座奪還を必達目標に掲げ、再びホンダとタッグを組む。

しかも、ドライバーにはフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン

2人の元ワールドチャンピオンを揃える豪華ぶり

かつてアイルトン・セナが無敵の速さでチャンピオンに輝いたマクラーレン・ホンダの復活。

それは、世界中の関係者とファンに大きな衝撃と興奮を与えるニュースでした

車体を開発するマクラーレンと、パワーユニットを開発・供給するホンダ。

両者の関係性が良好でなくては目標は達成できません。

ガソリンエンジンには100年以上の歴史がありますが、現在のF1のパワーユニットには歴史がありません。

2015年に初めて導入されたものです。

それ故に、当初は様々なトラブルが発生していました。

特に、他のパワーユニットサプライヤー(メルセデス、フェラーリ、ルノー)より開発の着手に大きく遅れをとったホンダの状況は悲惨を極めました

開幕前のテスト走行では車を走らせることもままならず。

開幕から暫くはレースを完走することもできず。

そして、致命的なまでに遅い

しかし、これには大きな原因があったのです。

マクラーレンは自分達の車体開発を有利に進めるために、ホンダのパワーユニットの開発に対して無茶な要求を突きつけていました。

開発コンセプトが間違っていたのです。

それをひた隠しに、マクラーレンは結果が振るわない一切の責任をホンダに押し付け、公然とホンダ批判を繰り返しました

最下位の常連から中団グループの一員にまで挽回しましたが、マクラーレンとホンダは、当初の目標を達成することなく、僅か3年で関係を解消しました。

しかし、辛酸を舐めたホンダが文句の1つも言わず、歯を食いしばって頑張る姿を見ていたチームがありました。

レッドブルとトロロッソ(現アルファタウリ)です。

ホンダはマクラーレンと別れた後、レッドブルとトロロッソと良好な関係を築き、パワーユニットのコンセプトも一新。

ほぼトラブルが発生しない高い信頼性と、上位勢とも戦える速さを手に入れました

SUZUKA, JAPAN - OCTOBER 06: Brendon Hartley of New Zealand driving the (28) Scuderia Toro Rosso STR13 Honda leads Stoffel Vandoorne of Belgium driving the (2) McLaren F1 Team MCL33 Renault on track during qualifying for the Formula One Grand Prix of Japan at Suzuka Circuit on October 6, 2018 in Suzuka.  (Photo by Clive Mason/Getty Images) // Getty Images / Red Bull Content Pool  // SI201810060394 // Usage for editorial use only // 

<マクラーレンの前を走るトロロッソのマシン>

 

F1は毎年20戦前後のレースを世界中の様々なサーキットで行います。

各レースの成績に応じてドライバーとチームにポイントが与えられ、一年間で最も多くのポイントを獲得したドライバーに、ワールドチャンピオンの称号が与えられます。

そして、王者メルセデスのルイス・ハミルトンとレッドブルの若きエース、マックス・フェルスタッペンが同ポイントで迎えた今年の最終戦、アブダビGP。

ABU DHABI, UNITED ARAB EMIRATES - DECEMBER 10: Sergio Perez of Mexico driving the (11) Red Bull Racing RB16B Honda during practice ahead of the F1 Grand Prix of Abu Dhabi at Yas Marina Circuit on December 10, 2021 in Abu Dhabi, United Arab Emirates. (Photo by Bryn Lennon/Getty Images) // Getty Images / Red Bull Content Pool  // SI202112100232 // Usage for editorial use only //

ABU DHABI, UNITED ARAB EMIRATES - DECEMBER 11: Max Verstappen of Red Bull Racing and The Netherlands with Lewis Hamilton of Mercedes and Great Britain in parc ferme during qualifying ahead of the F1 Grand Prix of Abu Dhabi at Yas Marina Circuit on December 11, 2021 in Abu Dhabi, United Arab Emirates. (Photo by Peter Fox/Getty Images) // Getty Images / Red Bull Content Pool  // SI202112110245 // Usage for editorial use only //

<予選前のマックス(左)とルイス(右)>

レースはほぼハミルトンが先頭で支配していましたが、終盤にまさかのトラブルが発生。これが転機となり、2番手のフェルスタッペンが最終ラップにハミルトンをオーバーテイク

そして振られるチェッカーフラッグ

事実は小説よりも奇なり。

DAZNで生配信を観戦していた僕は、夜中に思わず大声を上げる程に興奮

絶対王者メルセデスの牙城を、遂にホンダが崩したのでした。

Red Bull Racing's RB7 celebrates Max Verstappen's Drivers Championship "Miami Style" at Hard Rock Stadium in Miami, Florida, USA on 11 December, 2021. // SI202112120339 // Usage for editorial use only //

ABU DHABI, UNITED ARAB EMIRATES - DECEMBER 12: Race winner and 2021 F1 World Drivers Champion Max Verstappen of Netherlands and Red Bull Racing celebrates with his father Jos Verstappen in parc ferme during the F1 Grand Prix of Abu Dhabi at Yas Marina Circuit on December 12, 2021 in Abu Dhabi, United Arab Emirates. (Photo by Mark Thompson/Getty Images) // Getty Images / Red Bull Content Pool  // SI202112120475 // Usage for editorial use only //

<父親のヨスも元F1ドライバー。 親子で歓びを分かち合います。>

ABU DHABI, UNITED ARAB EMIRATES - DECEMBER 12: Race winner and 2021 F1 World Drivers Champion Max Verstappen of Netherlands and Red Bull Racing celebrates on the podium during the F1 Grand Prix of Abu Dhabi at Yas Marina Circuit on December 12, 2021 in Abu Dhabi, United Arab Emirates. (Photo by Kamran Jebreili - Pool/Getty Images) // Getty Images / Red Bull Content Pool  // SI202112120404 // Usage for editorial use only //

ABU DHABI, UNITED ARAB EMIRATES - DECEMBER 12: Race winner and 2021 F1 World Drivers Champion Max Verstappen of Netherlands and Red Bull Racing celebrates with Red Bull Racing Team Consultant Dr Helmut Marko and Masashi Yamamoto of Honda in parc ferme during the F1 Grand Prix of Abu Dhabi at Yas Marina Circuit on December 12, 2021 in Abu Dhabi, United Arab Emirates. (Photo by Mark Thompson/Getty Images) // Getty Images / Red Bull Content Pool  // SI202112120397 // Usage for editorial use only //

2021年をもって、ホンダは再びF1の舞台を去ります。

これ迄の厳しい戦いで培った技術と熱い技術者魂を、カーボンニュートラル達成に注ぐためだそうです。

ちなみに、ホンダがパワーユニットを供給していたアルファタウリには、日本人ドライバーの角田裕毅(ツノダ・ユウキ)選手が乗っています。

自動車メーカーの後ろ盾なしにF1のシートを掴んだ初めての日本人です。

9E14DCFF-E69D-4241-8BA2-82E068641617

角田選手も最終戦は自己ベストの4位フィニッシュでデビューイヤーを締め括りました。

2F6961C1-DE68-45DF-B730-980D03A0A838
レッドブル、アルファタウリ、ホンダ、各関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした。

そして、ありがとうございました

皆さん、こんにちは

営業課の秋好です。

今回は私たちホームラボの新しい建売住宅をご紹介します。

詳しくは動画をご覧ください。

建物が完成するまで、定期的に動画をアップしていきます

是非、宜しくお願い致します

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >