ブログ一覧

こんにちは 営業課の秋好です。

相変わらず暑い日が続いていますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?

この時期に、多くのお客様から質問をいただくのが『エアコンの使い方』です。

ほとんどのご家庭で、エアコンは間欠運転で利用されているかと思います。

我が家は共働きで日中はカイ太郎(ハムスター🐹)しか家に居ません。

カイ太郎は暑さに弱いため、部屋の温度は27度以下をキープしています。

そのため、LDKと寝室は、夏場はずっとエアコンを入れっ放しです。

こんな話をすると、さぞ電気代が高いのでは?

と言われますが、間欠運転をしていた一昨年の夏が4,400円。

シーズン中連続運転をした昨年の夏が5,600円と、その差は1,200円でした。

これを高いと捉えるか、安いと捉えるかは個人差があると思いますが、僕は安いと思っています

ちなみに、我が家ではエアコンの室外機に下の写真のカバーを着けています。

3D36693B-EBE2-406D-898E-DD2F7077585B

室外機の温度上昇を抑えて冷房効率アップと電気代の削減を狙ったものです。

また、エアコンを使う際は日中も遮光カーテンを閉めています。

6F9CE2C7-6984-4391-82ED-2A0953826148

49A9B5C0-727D-4621-A6DB-72899DA6CEAB

これは、日射による室内温度の上昇を抑える効果があります。

こういった少しの工夫でもエアコンの効きが良くなったり、電気代を削減できます。

家の中が快適だと、料理や洗濯がはかどります

また、暑さに心が囚われないため、趣味や作業にも集中できます。

皆さまも、思い切ってエアコンの連続運転をしてみませんか?

冷麺

2021/06/01

こんにちは 営業課の秋好です。

今年は早々と梅雨入りしましたが、割と天気の良い日が多いですね!

皆さん、暑さに負けていませんか

今回は暑い日にピッタリなグルメをご紹介します。

はい!タイトルそのまま、冷麺です。

58DB6DE1-372B-41E9-8BBB-064C06A5562B

かつて僕が15年程通っていた冷麺屋さんがありまして、メニューには温麺もあったのですが、夏だろうと冬だろうと二日酔いだろうと、僕は常に冷麺を注文していました。

そのお店の一番のこだわりは麺です

オーダーを受けてから女将さんが製麺するのですが、独特のコシとモチモチした食感が病みつきになり、僕だけでなく、多くのファンが虜になっていました。

週末の昼時は、なかなか店内に入れないこともしばしば。

そんな冷麺屋さんでしたが、女将さんが高齢のため一昨年の暮れに閉店となりました

 

他店の冷麺を食べても、「これじゃない」と思う日々。

もう二度とあの冷麺を味わうことはできないんだと悲しみに暮れました。

 

そんなある日、例のお店の冷麺が復活したことを知りました

なんと、お店のファンだった方が女将に弟子入りして店の味を引き継いだのだそうです。

そんなマンガみたいな話があるのか

と思いましたが、復活したのなら何としても食べたいと思い、早速ネット注文。

諸事情により、実店舗は構えずネット販売のみというスタイルでの復活です。

麺や具材、スープは冷凍便で届きます。

33505EFA-6EF2-421F-8D5A-8B7FEAD0F19A

妻は辛いものが苦手なため、僕ひとりで2食分を戴きました。

冷麺への熱い思いを語るも、妻の心は微塵も動かせなかったようです。

 

実食の感想

懐かしい味で美味しいのですが、決定的な違いがありました。

それは麺でした。

おそらく冷凍保存の影響なのでしょう。

あの独特のコシとモチモチした食感が失われていました

お店に行かずとも美味しい料理を味わうことができるのは、とても便利なことです。

ですが、僕はお店に行くことで、女将さん達との挨拶やお店の活気、友人や先輩との会話を楽しんでいたことに気付きました。

いつか、ネット注文だけでなく、店舗営業も復活すると良いなと思いました。

それでは、また

 

 

大掃除♪

2021/04/29

こんにちは

この頃、ずいぶん暖かくなってきましたね。

暑くもなく、寒くもなく、過ごしやすい良い季節です♪

こんな時は掃除もはかどりますよね

という訳で、今回は大掃除のお話です。

何処の掃除かといいますと、カイ太郎のおうちです♪

 

AACA892A-A4B9-4A64-A483-B2B4FEA759B8

こちらがカイ太郎のケージで中身を空にした状態です。

床には松の木屑を敷きますが、1週間程度で新しいものに全交換する必要があります。

トイレとお風呂には専用の砂を入れており、こちらも小まめに新しいものに交換が必要です。

ハムスターは湿気に弱いので、お風呂は水ではなく砂浴びをします。

カイ太郎も、よくお風呂で砂浴びをしています。

しか〜し

カイ太郎はなんと、トイレでも砂浴びをするんです

つまり、トイレとお風呂の区別が付いていないということですね。

自分の排泄物で汚れた砂の上を気持ち良さげに転げ回るカイ太郎を目にすると、なんとも複雑な気持ちになります

そんなお馬鹿なカイ太郎のために、今日はケージの中を隅から隅まで大掃除をしました。

古い床材や砂を捨てて、アルコール除菌でキレイに拭きあげます。

床材の木屑は手でほぐしてフワフワにします。

64F9E061-10DA-49D0-A725-F3C80BAA3513

こちらが掃除後のケージです。

せっかくなので、キレイになったカイ太郎のおうちを紹介しますね。

3階建てで、1階には寝室、トイレ、トレーニングルーム(回し車)があります。玄関とキッチンはありません。

032B222D-98B6-4610-91F0-4D0A47BB3B26

夜行性のため、夜な夜な回し車でトレーニングに励んでいます。

2階にはお風呂とウォーターサーバー、そして3階はロフトになっています

4C280024-B3FD-4EAA-843E-0C1676B13D57

ロフトはお気に入りの場所らしく、ここで毛繕いや昼寝をしている姿を頻繁に目にします。

延床面積は0.17㎡(0.05坪)です ミニマムですね(笑)

普段、お客様からは平屋での建築相談をいただくことが少なくないですが、カイ太郎は3階建ての住まいの中を元気に駆け回っています。

そんな姿を見ていると、足腰の鍛錬のため、元気なシニアライフを送るためにも、あえて2階建てにするのもありかも。なんて思いました。

それでは、また

こんにちは。営業課の秋好です。

前回はハムスターのカイ太郎を紹介いたしましたが、今回は実家の愛犬を紹介いたします。

ミニチュアシュナウザーのラガーです

2F3C4A80-5CD9-4C83-A468-ED06DDD03219

ラガーさんはリビングのソファーの隅で横になってることが多いです。

家族の様子を把握しやすくて安心できるんだと思います。

ラガーという名前は僕が付けました。

たまたまビール🍺好きな僕が、ラガーという響きがカッコいいなと思ってチョイスしました。

ちなみに、僕はラガーよりスーパードライが好きです(笑)。

 

ラガーさんのプロフィールです♪

年齢 14歳(人間の年齢に置き換えると70代前半)

性別 ♂

体重 6.5kgくらい

お仕事 自宅警備員

特技 早食い

好きなこと 日向ぼっこ

チャームポイント モヒカン 長〜いまつ毛

 

ラガーさんとの出会いは14年前のゴールデンウィークでした。

北九州のブリーダーさんを訪ね、一緒に行った母が一目で気に入り家族として迎えることになりました。

室内で飼っていますが、シュナウザーは体毛が抜けないので掃除が楽チンです。

こちらは若かりし頃のラガーさんです。

47274F31-369E-4DCD-9A0C-F5363D6F70CC

この当時、まだ1歳半なので、人間でいえば20歳くらいですね。

今の姿と比べると、もの凄く若いです。

見えますか?長〜いまつ毛

 

ラガーさんが毎日家中を駆け回り、床は傷だらけです

昔は僕たちも床の傷を気にしていましたが、今となってはその傷すら愛おしく思えます。

それは、ラガーさんと一緒に楽しく過ごしてきた大切な思い出が刻まれているからです。

無垢の床なので、表面を削れば見た目はキレイになると思いますが、きっとこのままにしておくと思います。

これもマイホームの愉しみ方の1つかもしれませんね

 

それでは、また

 

 

はじめまして。営業課の秋好です。

これから、このブログで「元気」をテーマに、僕が日常で感じたことや家づくりのことを少しずつ御紹介していきたいと思っています。

第1回目の今回は、僕の元気の源でもある家族について少し紹介をさせて頂きます。

ジャンガリアンハムスターのカイ太郎です

tempImageidzO3Q

2020年の1月に我が家にやって来ました。

現在、1歳2ヶ月のヤンチャな男の子です。

これまでハムスターを飼ったことはなかったのですが、妻がどうしても飼いたいと言うので根負けしました。

いざハムスターについて下調べをすると、室温18度~27度、湿度40%~60%が飼育に適していることが分かりました。

そして、室温が15度以下になると冬眠して二度と目覚めることがないそうです。

なかなかシビアではありませんか

共働きの我が家では、もちろん日中はエアコンOFFです。

この時の僕には、ハムスターのために24時間冷暖房を稼働させるなどという考えは毛頭ありませんでした。

そこで、先ずは在宅時にエアコンを付けずに室温の変化を記録してみました。

午前6時:17度~19度

正午:18度~21度

午後6時:16度~18度

なんとかなりそうな温度でした。

夜間の在宅時はエアコンを付けているので23度前後の室温です。

ちなみに、18年前に建てた実家では、日中は15度前後、30年前に住んでいた建売の実家は朝起きると2度~3度なんてこともありました。家の中なのに、吐く息が白くなるんですよ

時の流れと共に、住宅の気密・断熱の性能も随分良くなっていることを実感します。

湿度に関しては加湿器を利用して40%~50%をキープするようにしました。

こうして、留守中にエアコンをOFFにしてもハムスターには大きな影響はないことが分かり、我が家にカイ太郎を迎え入れることになったのでした。

tempImageoedSMD

こちら、ハウスの中で食事中のカイ太郎の様子です。

このハウスの中には真っ白な綿がギッシリ詰まっています

住宅の断熱材と同じで、隙間なく綿を詰めることで外気温の影響を受けにくくなり、中の温度をキープできるという訳です。

この前の大雪の時も、この綿のお陰でカイ太郎はヌクヌクでした

綿をケージの中に入れておくと、誰かに教わった訳でもなく、本能で綿をハウスの中に詰めていきます。

今回は綿の写真が撮れませんでしたが、今度アップします。

ハムスターの寿命は2年~3年と、僕ら人間と比べると凄く短いです。

動物は可愛いだけでは飼えないなと思いますが、精一杯の愛情を注いで家族で楽しく過ごしていきたいと思っています。

それでは、また。